登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

京都 東山区、祇園四条の物件専門 株式会社ホームズホールディングス

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

※画像はイメージです

ペットが家の中を自由に移動できる「ペットドア」とは?

2020-10-27

はじめに

犬や猫は大切な家族の一員であり、快適に過ごす住環境を整えてあげたいと考える方もいるでしょう。

ペットの健康や安全に配慮して、過ごしやすい家づくりのアイデアの一つに「ペットドア」があります。

ペットドアを設置することで、人もペットもストレスなく快適に過ごすことができるでしょう。

今回は、ペットが家の中を自由に移動できる「ペットドア」の魅力とメリットについてご紹介します。


ペットドアとは?

ペットドアとは、犬や猫が部屋を自由に出入りできる小さなドアのことです。自宅のドアやサッシに取り付けることで、扉を閉めた状態でもペットが自由に行き来することができます。

扉を閉めていると犬や猫がカリカリと爪で傷つけてしまうことも少なくありません。

ペットドアを設置することで、扉を傷つけられる飼い主さんのストレスと外に出たいペットのストレスを解消することができます。


ペット好きにはメリットが多い!ペットドアの魅力とは?

ペットのためのペットドアですが、飼い主へのメリットも大きいんです。ペットに扉を開けるように催促されないだけでなく、扉を閉めた状態をキープできるので、空調が快適に利用できるなどのメリットもあります。

特に猫は犬のように散歩で外に出る習慣がないので、家の中を自由に行き来できることでストレス解消にもつながるのです。


ペットドアの選び方

ペットドアには様々なタイプが販売されているので、取り付ける場所に適したものを選ぶことがポイントです。

ペットドアの種類には、網戸用、サッシ用、壁用、ドア用があります。引き戸やふすまに取り付けるときはペットドアの厚みによって開閉が難しくなることもあるので、確認して選ぶことが大切です。

また、室内だけでなく、外に設置して外と中を行き来する場合は、他の猫や犬が入らないように防犯対策も必要になります。

ペットドアの中には、ペットに専用キーをつけることでキーがないとロックが解除できないなどの仕様が施されているものもあるので機能面で選ぶのもおすすめです。


ペットドアの設置方法

ペットドアの設置方法によっては、自分でDIYで設置が可能なものもあります。

サッシに取り付けるものはサッシを切り抜くことで簡単に設置が可能です。ドアや壁などに穴を開けて室内に設置する場合は、リフォーム会社に依頼することをおすすめします。

また、ペットドアの加工が施されたドアを丸ごと交換する方法もあります。

これから家を建てられる予定の方は、予めペットドアを間取りに入れておくとペットが快適に過ごせる間取りの家を作ることができます。


<まとめ>人間もペットも快適に過ごせる住環境を

今回はペットが快適に過ごせる住環境を作るアイデアとして「ペットドア」をご紹介しました。

ペットドアを設置することで、飼い主もペットもストレスフリーな生活を送ることができます。

リフォーム会社に依頼することで後付けもできるので、気になる方は検討されてみてはいかがでしょうか?


フッター